FC2ブログ

YMYOGAダイアリー

ドイツ・ベルリンでYOGA、マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆さのポーズ・膣おなら

これも、以前から気になっていて、スエーデンのスクールで質問してきたことです。

ヨガを練習している女性には、経験者も多いと思います。

ヘッドスタンドやショルダースタンドなど、逆さのポーズをすると、膣に空気が入って、ポーズを解く時オナラのような音がします。

一人で練習するときは平気なんですが、グループレッスンでは気恥ずかしいものです。


生徒さんから相談を受けて、リサーチしたことがありました。

ポーズ中はムーラバンダ(会陰部を締め付ける)で空気が膣に入らないようにする、というヨガブログをいくつか見つけました。この意見が今のトレンドのようです。


shoulderstand-group2.jpg


*****

スエーデンのヨガスクールの先生に質問したので、参考までにご紹介します。

先生の回答:

ポーズ保持中は、体をリラックスするのが大切だから、ムーラバンダで筋肉を緊張させるのは望ましくない。空気が入るのは大きな問題ではない。



ポーズ中のリラクセーションをより重視するところが、トラディショナルなヨガらしいですね。

流派によって指導法は様々。私はリラクセーション派かな。

では、空気が入った時に音を立てずにポーズを解くには・・・

ポーズを解く直前に、お腹に力を入れて膣から空気を押し出すと大丈夫。


あるいは

自然な体の反応ってことで、オナラ同様、気にしないことですね。

ヨーロッパの人、特に男性は、ヨガ中大きなオナラを平気でする人が多いですよ。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 美術ブログへ
COMMENT
COMMENT FORM
NAME
TITLE
MAIL
URL
COMMENT
PASS 管理者にだけ表示
TRACKBACK
TB URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。