YMYOGAダイアリー

ドイツ・ベルリンでYOGA、マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は中秋の名月


matthew fullmoon


ベルリンはART WEEKの真っ最中で、先週末から関連イベントで毎晩出かけています。

昨夜は友人のオープニング。今夜はABC

自転車に毎晩乗っていて、月がだんだん丸くなるのに気が付きました。

調べたら、今夜は中秋の満月。フルムーンです。

今夜、ABCで現代アートに触れたあとは、満月の光を浴びて、しばし静かな時を過ごしたいと思っています。

天気予報では雨模様。

雨もまたよし。雨月が楽しめます。


matthew full moon


今夜の満月から月がだんだんと欠けていきます。

欠けていくこの間は、浄化に適していると言われています。例えば、ダイエット、部屋の掃除など、要らないものをそぎ落とすエネルギーが働くようです。

この機会に、何か小さな目標を定めてみましょう。

paintings by Matthew Antezzo


ずいぶん前に読んだ素敵な本。

月の癒し月の癒し
(1997/08)
ヨハンナ パウンガー、トーマス ポッペ 他

商品詳細を見る


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 美術ブログへ


スポンサーサイト

イースターの音楽・キリストの映画

昨日行った教会コンサートのテーマは、イエスの死。

中世の歌を、古楽器の演奏を交え粛々と歌い上げた、きれいなコンサートだった。

非クリスチャンの私には、イースターと言ってもピンと来ないのだが、昨日の金曜日が、キリストが十字架にはり付けられて死んだ悲しみの日であることは理解できた。

クリスチャンにとっては、キリストの死と復活は、何度も聴かされたおなじみのストーリーだ。だからこういう場では、自然に共感し、すっと悲しみモードに入って行く。

私は、大好きなミュージカル映画「ジーザス・クライスト・スーパースター」やパゾリーニの「奇跡の丘」の印象的な映像を思い浮かべつつ、周囲の人たちの表情を観察していた。


ジーザス・クライスト・スーパースター [VHS]ジーザス・クライスト・スーパースター [VHS]
(1993/04/21)
テッド・ニーリー

商品詳細を見る

(これはオリジナル。DVDが出ていないのが残念)


ジーザス・クライスト=スーパースター [DVD]ジーザス・クライスト=スーパースター [DVD]
(2012/04/13)
ジェローム・プラドン、グレン・カーター 他

商品詳細を見る

(リメイク版。見ていないが、これもいいらしい)


奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]奇跡の丘 ニューマスター版[DVD]
(2009/08/05)
エンリケ・イラソキ、マルゲリータ・カルーソ 他

商品詳細を見る

(↑この2つの映画は、とても素晴らしい)

帰宅後、せっかくだからキリストのことを知ろうと、映画「ジーザス」を見た。

これは、聖書と史実に忠実であることを目指して制作された映画である。教育映画といった感じで、エンターテインメント性は低いが、一般的なキリスト像を知るにはお薦め。映画はこちらで。日本語版も選べる。

これでオーソドックスなストーリーを把握した後、いろんな解釈のキリスト映画をみると面白いだろう。


金曜のキリストの死のあとは、復活の喜びが待っている。教会音楽も、喜びの音楽へと変わる。これは、待ちに待った春の訪れとともにいっそうの幸福感をもたらすのだ。

このキリストの死と復活劇、今週末は音楽とともに体感してみようかと思っている。今日、明日、あさって、各地の教会でコンサートがある。復活の音楽を聴いて、春の訪れを喜びたい。


お母さんと子どものヨーガ


お母さんと子どものヨーガお母さんと子どものヨーガ
(1997/12)
野坂 見智代

商品詳細を見る


この本を読み返していて、「やっぱりこの本いいな」と、ブログで紹介することにした。

親子のヨガ本を何冊か持っているが、私はこの本が一番気に入っている。

掲載写真は地味で華やかな本ではないが、内容がとても深く、すぐれた読み物だ。単なる親子体操としてではなく、精神面への影響もふくめ、ヨガをトータルな視点からきちんとおさえている。

この分野の本は、かわいいイラストや写真が中心の、「一緒に遊びましょう!」的なものが多いのだが、この本では、おろそかになりがちな哲学の部分も手を抜かずに扱っているのが気に入った。

筆者は現在40代後半。大学院で心理学を学んだ女性で、高校時代からヨガを実践している。もう何十年もヨガに関わるベテラン教師だ。

親子のヨガというテーマで、これだけの深い内容を、しかも、わかりやすい文章で書ける力量に頭がさがる。こういう先生に学びたいと思わせる本。

この本には、親子ヨガだけではなく、妊娠中、出産後のヨガについても書かれている。


にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ
にほんブログ村
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

あかちゃんの絵本「ぐるぐるちゃん」

ベルリン在住のアーティスト、長江青(あおい)さんの絵本です。
昨年9月に福音館書店から発行されました。


ぐるぐるちゃん (福音館あかちゃんの絵本)ぐるぐるちゃん (福音館あかちゃんの絵本)
(2011/09/10)
長江 青

商品詳細を見る


ドングリをほおばるリスの親子のプクプク顔がかわいい。
私にも赤ちゃんがいたらなぁ、と思う。
孫ができるまで待つしかないみたい。


長江青さんはファッションブランド「ミナ ベルホネン」のプレス兼デザイナーです。
2007年からベルリン在住。赤ちゃんのお母さんでもあります。
ブログはこちら

「四つの四重奏曲」 T.S.エリオット


Human Tuning Sound Healing with Tuning ForksHuman Tuning Sound Healing with Tuning Forks
(2010/04)
John Beaulieu

商品詳細を見る


この本にT.S.エリオット四つの四重奏曲」からの引用文がある。

"at the still point, there the dance is...
neither arrest nor movement..."


T.S.Elliot. "Burnt Norton." Four Quartets, Section II.より


筆者は自律神経系波動の関係を説明する中で、上記を引用し

arrest副交感神経系(リラクセーションの神経)、
movement交感神経系(闘争と逃走の神経)に例えている。


とても気になったのでこの詩を検索した。
日本語完全訳はネットでは探せなかったが
原文はみつかった。

エリオットは読んだことがないが
彼の世界に触れてみたくなった。
記録を兼ねて原文をここに。

http://www.tristan.icom43.net/quartets/index.html

多くの翻訳家の訳文があるらしい。
とりあえず1冊手に入れたい。


四つの四重奏曲―FOUR QUARTETS四つの四重奏曲―FOUR QUARTETS
(1980/07)
T.S.エリオット、森山 泰夫 他

商品詳細を見る

| TOP | OLD »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。