YMYOGAダイアリー

ドイツ・ベルリンでYOGA、マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NAMO Chaing-mai --チェンマイ・タイ2009

2009年3月 リフレクソロジーコース、ヨガクラス受講

pic_lounge_massage.jpg 

今年もNAMOに行って来た。
去年習ったヘッドマッサージが気に入ったので、またここで短いマッサージコース受講。今年は9時間のリフレクソロジーを選んだ。膝下のマッサージで、足裏のツボも学ぶ。

NAMOを気に入っている理由は二つある。

◎教科書がいい。
 写真と説明がとても丁寧。マッサージはコース終了後、練習が必須だ。一人で復習する時この教科書はとても助かる。コースによっては日本語のマニュアルもある。

◎個人レッスンである。
 グループレッスンで他の生徒と練習すると、上手なマッサージの感覚がわからない。また、私のマッサージに対しても、相手は素人なので的確な指摘ができない。個人レッスンなら、先生に上手なマッサージをやってもらえるし、先生の体で練習できるので、「もっとゆっくり、もっと強く」など、きちんと指摘してもらえる。自分の都合に合わせて時間が組めるのも楽だ。

難点を言えば、リフレクソロジーは1階受付の横で学ぶので、来客や電話などで落ち着かないこと。また、タイ人の先生がゆったりしていて、定時に始まらないこともある。9時開始でも、先生はキッチンでお茶を飲んだりお菓子を食べたりして、9時半に始まったこともある。終了はもちろん定時だ。「ここはタイだから仕方がないか。」と半ばあきらめながら、ダラダラと30分間待っていた。まあ、こう言いながらもトータルで見れば気に入っているので、また次回もコースを取ろうと思っている。

yoga_timetable (553 x 293)

ヨガクラスにも参加。

先生は写真左の若い男性。教える内容は日によって変わるそうだが、私が行った時はアヌサラヨガだった。元気で気持ちのいいバイブレーションを持つ純粋な先生。料金は150バーツと、チェンマイでは安く、場所も便利で、教室は満員。

日本人女性のヨガクラスも開講されていた。とても素敵な先生で評判もよかった。私はちょうどマッサージクラスがあったので受講できず本当に残念。

二人とも良い「気」を持った先生だった。ヨガもマッサージも、何をするにも「気」は大切。良い「気」には人が集まるんだな、と改めて実感。

ナモ チェンマイ http://www.namochiangmai.com/

スポンサーサイト

マンダリンオリエンタルホテル -- チェンマイ・タイ

2009年3月訪問

「マンダリングループ」の在チェンマイホテル。アマングループと同格の高級リゾートホテル。ここでヨガインストラクターとして働く友人、アメリカ人のKirstinを訪ねた。

世界のVIPが訪れるこのホテルは、客室は少ないが敷地が贅沢なほど広い。ホテル内には仏教寺院や水田が広がっているし、水田では農夫が働き水牛もいる。宿泊客が田植えや稲刈りも体験できるらしい。この前は北欧の王様が宿泊したとのことだが、王様も田んぼに入ったりするんだろうか。

宿泊客へのサービスとしてヨガクラスの提供がある。ハイシーズンには1日に3クラス教えるとのことだった。この写真の場所でレッスンが行われる。

マンダリン・ヨガ

次の写真は、WATSU(ワツルーム。
WATSUは、Water(水)と Shiatsu(指圧)をミックスしたもので、温水の中で行うマッサージ。水中でセラピストに支えられながら行う。1980年に始まり世界中に広まっているらしい。そのうち日本でも流行するかもしれない。このスペースは、WATSU専用に作られている。若くて逞しく魅力的なブラジル人男性セラピストが施術してくれるとのこと。一度体験してみたい。

WATSUマンダリン

マンダリンオリエンタルホテル http://www.mandarinoriental.com/chiangmai/

wild rose(ヨガスタジオ)--チェンマイ・タイ

title-1.jpg

2009年3月 ヨガクラス受講。

いろいろと評判の良いこのスタジオ。チェンマイに着いてすぐ行ってみた。

チェンマイ在住または旅行中の外国人が集まる場所。外壁は竹で覆われ、内装も趣味がいい。そう大きくないヨガルームは生徒でいっぱい。隣の人にぶつかりながらレッスンした。3月のハイシーズンだからだろう。

私が参加したのは、たまたまアヌサラヨガで、若い女の先生だった。世界中どこでもやっているような普通のヨガクラスだった。料金は200バーツ(約600円。)先生はいつも複数いるし、時期によっても変わる。長期滞在者は、いろいろな先生のクラスを試してみるといい。面白そうなワークショップも時々開かれている。

サウナ(写真)もある。
citylifephoto.jpg

wild rosehttp://wildrosesauna.com/

Suan Samoonprai(タイマッサージ)--チェンマイ・タイ

2009年3月 タイマッサージ、フェイシャルマッサージを受けた。

チェンマイ マッサージ

SunshineマッサージスクールのFelicity先生おすすめのマッサージ店。

マッサージ歴20年のすごい先生ご推薦なので、これは行かねばと行って来た。観光地から少し離れているせいか、お客はほとんどタイ人のようだった。店の作りも簡単で、値段も町中の店より安い。

まず、2時間のタイマッサージをトライ。下半身、特に脚のセンラインを丁寧にやってくれた。最後の方は気持ちよくて寝ていたのでよく覚えていない。

後日フェイシャルマッサージも試す。蜂蜜のねっとり感が気持ちよく夢心地になった。私は満足したが、この店で同じマッサージを受けた友達は全然良くなかったと言っていたので、セラピストに当たり外れがあるのかもしれない。

料金はこんな値段でいいんだろうかと思うほど安い。
タイマッサージ     1時間 100バーツ (約300円)
フェイシャルマッサージ 1時間 100バーツ
他にもメニューがある。

8 Wangsingkham Rd.,Chiang Mai
053-252716, 087-1829405
営業時間:8:00-22:00
ムアンマイ市場からピン川沿いに少し北に行って右側にある。


Sunshine(マッサージスクール) -- チェンマイ・タイ

2009年3月 マッサージコース受講
      「ハーブ・フェイシャルマッサージコース(1日)」
      「妊婦と腰痛のためのマッサージコース(5日)」

Sunshine_logo.gif

カンボジアの仕事を終え、3月上旬にチェンマイへ渡った。

マッサージコースをいくつか受講するつもりで2週間の旅程を組んだ。同じゲストハウスの日本人にSunshineを勧められ、さっそく自転車で見学に行った。この学校は、タイマッサージの権威アソカナンダの教えを受け継いでいている。

翌週月曜から「妊婦と腰痛のためのマッサージコース」が予定されていた。先生のFelicityと話をして興味をもったので受講を決める。ついでに翌日開催の1日コース「ハーブ・フェイシャルマッサージコース」も面白そうなので受講することにした。

これは学校の写真。上のロゴマークそっくり
チェンマイSUNSHINE

フェイシャルマッサージは、タイ人のDot先生(写真)が教えている。この日、生徒は私一人、先生と一対一の贅沢なクラスだった。

このクラスではハーブや蜂蜜、卵、ヨーグルト等を使って顔のトリートメントを学ぶ。まず、数種類の液(クレンジング、スクラブ、マッサージ、マスク用)を作り、次にテクニック。生徒が私一人だったので、先生に実際にマッサージをやってもらった。受講料は日本円にして4,500円くらいだ。先生のマッサージを受けただけでも元が取れたと思いながら、あまりの気持ちよさにウトウトする。ヘッドマッサージもそうだが、頭や顔って、触られると本当に気持ちがいい。

Dot先生は平日はタイマッサージを教えていることが多いので、このコースは土曜日に希望者がある時だけ開講されている。

FACE MASSAGE PREPARATION

翌週「妊婦と腰痛のためのマッサージコース」が始まった。先生はオーストラリア出身の女性Felicity。タイマッサージ歴20年の大ベテランだ。このクラスでは、うつ伏せや仰向け寝が苦しい妊婦や肥満の人のためのサイドポジションでの施術方法を学ぶ。新しいテクニックを次々に学ぶので、消化できず、焦りながらついて行った。コース終了後も練習が必要だ。復習用に先生のDVDを購入。

このコースの他にも週代わりのアドバンスコースが開催されている。2週間のビギナーズコースもある。詳しくは下記ホームページを。

Sunshine http://www.sunshine-massage-school.com/

| TOP | OLD »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。