YMYOGAダイアリー

ドイツ・ベルリンでYOGA、マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気が湧くことば!! HOLSTEEマニフェスト

holstee_poster.jpg


小物を販売しているNYの会社のマニフェスト。
元気がでます。

http://shop.holstee.com/

theholsteemanifesto.jpg
クリックすると拡大




これはあなたの人生です。

自分が好きなことをやりなさい。

そして、たくさんやりなさい。

何か気に入らないことがあれば、それを変えなさい。

今の仕事が気に入らなければ、やめなさい。

時間が足りないのなら、テレビを見るのをやめなさい。

人生をかけて愛する人を探しているのなら、それもやめなさい。

その人は、あなたが自分の好きなことを始めたときにあらわれます。

考えすぎるのをやめなさい。人生はシンプルです。

すべての感情は美しい。食事を、ひと口ひと口を味わいなさい。

新しい事や人々との出会いに、心を、腕を、そしてハートを開きなさい。

私たちは、それぞれの違いで結びついているのです。

自分のまわりの人々に、何に情熱を傾けているかを聞きなさい。

そして、その人たちにあなた自身の夢も語りなさい。

たくさん旅をしなさい。

道に迷うことで、新しい自分を発見するでしょう。

ときにチャンスは一度だけしか訪れません。

しっかりつかみなさい。

人生とは、あなたが出会う人々であり、その人たちとあなたが作り出すもの。

だから、待っていないで何か作ることをはじめなさい。

人生は短い。

情熱を身にまとい、自分の夢を生きよう。




にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ にほんブログ村 健康ブログ ヨガへ にほんブログ村 美術ブログへ

スポンサーサイト

「その日の天使」中島らも

中島らものインタビュービデオを見ていたら
このエッセイのことを語っていたので検索した。

真っ先にジム•モリスンの名前が出て来るじゃない。
さっきブログに写真を貼付けたばかりだ。
不思議なシンクロニシティ。


聖らも像


「その日の天使」 中島らも

死んでしまった ジム・モリスンの、

なんの詞だったのかは 忘れてしまったのだが、

そこにThe day’s divinity, the day’s angel”

という言葉が出てくる。


英語に堪能でないので、おぼろげなのだが、

ぼくは こういう風に 受けとめている。


「その日の神性、その日の天使」


大笑いされるような誤訳であっても、

別に かまいはしない。


一人の人間の一日には、必ず一人、

「その日の天使」がついている。


その天使は、日によって様々な容姿を

もって現れる。


少女であったり、子供であったり、

酔っ払いであったり、警察官であったり、

生まれて直ぐに死んでしまった、

子犬であったり。


心・技・体ともに絶好調の時は、これらの天使は、

人には見えないようだ。


逆に、絶望的な気分に おちている時には、

この天使が一日に一人だけ さしつかわされて

いることに、よく気づく。


こんな事がないだろうか。


暗い気持ちになって、冗談でも"今自殺したら"

などと 考えている時に、

とんでもない友人から電話が かかってくる。

あるいは、ふと開いた画集か なにかの一葉に

よって救われるような事が。


それは その日の天使なのである。



夜更けの 人気が失せたビル街を、

その日、僕は ほとんど よろけるように 歩いていた。

体調が悪い。黒い雲のように厄介な仕事が

山積みしている。

家の中も もめている。

それでいて 明日までに テレビのコントを

十本書かなければならない。

腐った泥のようになって歩いている、

その時に、そいつは聞こえてきた。


「♪おっいもっ、 おっいもっ、

ふっかふっか  おっいもっ、 まつやのおっいもっ♪

買ってちょうだい、 食べてちょうだい、

あなたが選んだ 憩いのパートナー

まつやの イモッ」


道で思わず笑ってしまった僕の、


これが昨日の天使である。



中島らも その日の天使 (人生のエッセイ)中島らも その日の天使 (人生のエッセイ)
(2010/06/25)
中島 らも

商品詳細を見る

ある盲人の話

カンボジアのRaja Yogaからメールが来た。朝一番に読んで一日おだやかな気持ちだったので、この気持ちをお裾分けしたい。今日は新緑がいちだんとまぶしく見えた。読みやすい英語です!

A blind boy sat on the steps of a building with a hat by his feet. He held up a sign which said: 'I am blind, please help.' There were only a few coins in the hat.

SafeRedirect.jpeg

A man was walking by. He took a few coins from his pocket and dropped them into the hat. He then took the sign, turned it around, and wrote some words. He put the sign back so that everyone who walked by would see the new words.

Soon the hat began to fill up. A lot more people were giving money to the blind boy. That afternoon the man who had changed the sign came to see how things were. The boy recognized his footsteps and asked, 'Were you the one who changed my sign this morning? What did you write?'

SafeRedirect-1.jpeg

The man said, 'I only wrote the truth. I said what you said but in a different way.'
What he had written was: 'Today is a beautiful day and I cannot see it.'

Do you think the first sign and the second sign were saying the same thing?

Of course both signs told people the boy was blind. But the first sign simply said the boy was blind. The second sign told people they were so lucky that they were not blind. Should we be surprised that the second sign was more effective?
SafeRedirect-2.jpeg

Moral of the Story: Be thankful for what you have. Be creative. Be innovative. Think differently and positively.

Invite others towards good with wisdom. Live life with no excuse and love with no regrets. When life gives you a 100 reasons to cry, show life that you have 1000 reasons to smile. Face your past without regret. Handle your present with confidence. Prepare for the future without fear. Keep the faith and drop the fear.

Great men say, 'Life has to be an incessant process of repair and reconstruction, of discarding evil and developing goodness... In the journey of life, if you want to travel without fear, you must have the ticket of a good conscience.'

The most beautiful thing is to see a person smiling...
And even more beautiful is, knowing that you are the reason behind it!!!

The Best Way to Cheer Yourself is to Cheer Somebody Else.
Keep Smiling!

シヴァナンダ 日々の祈り 十五ケ条

日々の祈り 十五ケ条   スワミ・シヴァナンダ

1 今日一日は幸福でいよう。よけいな欲や期待はもつまい。

2 今日一日は体と心を浄めよう。健康のために簡素な食事、アーサナ、瞑想をしよう。

3 今日一日は微笑みを絶やさず、優しいまなざしで人に接しよう。嫉妬はしまい。

4 今日一日は誠実で、穏やかな口調で話そう。批判や無駄なおしゃべりはしまい。

5 今日一日は一人だけの時間を持とう。心の平安と静寂を得るために。

6 今日一日はハッキリとした目標を持ち、どんな些細なことでも自分でなし遂げよう。

7 今日一日は自分の体より、魂の喜ぶことをしよう。

8 今日一日は人のために役に立つことをしよう。いやなことでも人を許そう。

9 今日一日は清い仲間とだけ交わろう。良いカルマで、明日の自分を変えるために。

10 今日一日は話す前に二回考え、行動する前に三回考えよう。活動的で賢くあるために。

11 今日一日はDIN (do it now) 、今すぐやることを実行しよう。明日には延ばすまい。

12 今日一日はMYS (Mind Your own Self)、人ではなく自分のことに気をつけよう。

13 今日一日は今日を限りの命と思って、精一杯に生きてみよう。

14 今日一日は「私はだれ」と自問自答してみよう。人生の心の目的を知るために。

15 今日一日はすべてに神を見、宇宙に祈ろう。自分が生かされていることに感謝して。


引用元
英語のタイトル: MIND Its Mysteries and Control
英語の本にはこの15条は掲載されていなかったから、日本語訳本だけの付録かもしれない。

ヨーガとこころの科学―マインド その神秘さとコントロール法ヨーガとこころの科学―マインド その神秘さとコントロール法
(1997/12)
スワミ シバナンダ

商品詳細を見る

Shaktiからの便り

アメリカ人のShaktiとはバハマのヨガ・リトリートで出会った。

Shaktiはスワミ・ヴィシュヌデヴァナンダの弟子で、何十年もヨガをやっている筋金入りのYoginiだ。時々ニュースレターをくれる。

彼女のメールはいつもこの言葉で終わっている。読む度に新鮮な気持ちになる。素敵なので紹介しよう。

Life is short, Break the rules,
Forgive quickly, Kiss slowly,
Love truly, Laugh uncontrollably,
And never regret anything that made you smile
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。