YMYOGAダイアリー

ドイツ・ベルリンでYOGA、マッサージ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quebec Vipassana Meditation Centre -- Sutton、ケベック

wheel.gif

Quebec Vipassana Meditation Centre -- Sutton、カナダ
2005年・秋 10日間の瞑想コースを受講

20080529064535.jpg

ヴィパサナ瞑想については、京都センターで受講した友人から話を聞いていたので、私もいつか参加したいと思っていた。2005年の夏、カナダケベック州のシヴァナンダ・アシュラムでスタッフとして滞在していた時、たまたまSutton(ケベック州)にセンターがあるのを知り、迷わずオンラインで申込をした。

受講したのは10月のコースだった。夏に行きたかったが満杯(夏は人気があるので早めに申込を!)だったので秋のコースを申し込み、8月までシヴァナンダアシュラムに滞在。9月にはモントリオールでタイヨガマッサージの集中講座を受講した。

ヴィパサナヴィパッサナー)瞑想センターは世界中にある。 詳しくはこちらを

施設・運営
ケベックセンターは郊外の美しい自然のなかにある。広い敷地の中に水色のメインの建物が建ち、その周囲に個室のコテージが点在する。私は林の中のコテージを与えられた。コテージは個室なので気が楽だが、トイレがないのだけが不便。真冬は夜中のトイレが大変だろう。10月といってもケベックは朝夕かなり寒く、すでに暖房がはいっていた。瞑想の合間には美しい紅葉の林を散歩した(1日中座っているので、空き時間には散歩して体をほぐす。)

センターはボランティアにより整然と運営されていた。皆10日間コースを終えた人たちで、とても親切で感じがいい。フランス語がスタッフの公用語。英語もだいたい通じる。スタッフの作るベジタリアン料理もおいしかった。

ゴエンカの講話
毎晩ゴエンカの講話を聴く。このセンターでは英語とフランス語のグループに分かれる。英語はビデオ(ゴエンカの映像+音声)で、フランス語は音声のみ。日本語のCDもあるので、頼めば個室で聴かせてもらえる。英語がある程度わかれば英語版がおすすめ。ゴエンカの独特のユーモアで心がなごむ。

アクセス
モントリオールのバスセンターから1日にバスが数本出ている(下記HPにバススケジュールあり。)2時間弱かかる。終点のSuttonのバス停にセンターから車で迎えに来てもらえるので、事前に予約するように(無料)。
コースの最終日には、掲示板に「○○方面行きの人求む」というメモを貼っておくと、車に同乗させてもらえる。私はモントリオールに帰る時はベトナム人の車に乗せてもらった。

持って行くもの
毛布やシーツなどを各自持参する必要がある。私は旅行中で寝具を持っていなかったから、すべてセンターの物を貸してもらえた。
瞑想用クッションはセンターに設置してあるが、使い慣れた物があれば持参することをすすめる。1日10時間くらい座禅するので、自分の体に合うものを使うと楽である。

suttama.jpg

Quebec Vipassana Meditation Centre
http://www.dhamma.org/en/schedules/schsuttama.shtml
http://www.suttama.dhamma.org/gen/en/gen_home.en.htm

ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門―豊かな人生の技法ゴエンカ氏のヴィパッサナー瞑想入門―豊かな人生の技法
(1999/11)
ウィリアム ハート日本ヴィパッサナー協会

商品詳細を見る

スポンサーサイト
| TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。